東大阪市、吉田駅から徒歩5分のあん整骨院・アンカイロプラクティック。頭痛、寝違い、肩こり、腰痛、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛の施術なら当院まで。

〒578-0911 東大阪市中新開2-13-25
<近鉄けいはんな線 吉田駅徒歩5分>

営業時間
8:30〜13:00 16:00〜19:30
土曜日も19:30までOK
休診日
日・祝(水曜は往診のみ)
  • お問い合わせ・ご予約はこちら
    072-943-0311
  • お問い合わせ

Face bookもチェック

東大阪市のあん整骨院
営業時間
8:00 〜 13:00
16:00 〜 19:30
土曜日も19:30までOK
休診日
日・祝(水曜は往診のみ)

あん整骨院ブログ

40代女性会社員。


典型的な五十肩の症状である結髪動作、結帯動作障害、夜間痛。

最近では生活習慣の変化(パソコン、スマホの普及)などで四十代で発症するケースが増えています。


結髪動作とは髪を結ぶ動作、つまり腕を上に挙げて外に広げる外旋動作をすると痛みが生じます。髪を結ぶだけでなく頭を洗ったりドライヤーを使用する際などとても不便になります。


結帯動作とは帯を結ぶ動作、つまり腕を下に下げて内に捻りこむ内旋動作をすると痛みが生じます。シャツの裾をパンツに入れる時や、服の袖に腕を通す時に痛みます。


 

五十肩は自然治癒しますが、何もしないと症状が悪化し、治るまで長引きます。               悪化してしまったらさあ大変、日常にかなりの支障がでてしまいます。

この患者さん整骨院での電気治療(低周波)を8回したが効果なく紹介で来院。


肩関節が固まってしまっているため(イメージとしては錆びついている、凍結している状態)

これを解除させなければなりません。

そのため、当院では運動療法と原因となっている筋肉の調整、超音波、ハイボルテージなどの電気療法(ちなみに低周波はほとんど効果ないです)で回復を早めていきます。



あとは毎日患者さん自身で、肩を回すなどの運動をすることで一気に回復が早まります。動かすと痛いので「動かさない→固まる→さらに痛む」の悪循環を起こさないことが重要ですね。


この患者さん9回の施術で痛みはほぼ消失、可動域制限は残っているものの日常生活動作は支障なくなりました。現在も腰などにも症状があるので定期的に通院されています。



普段肩を動かさない方は、肩を回しましょう(笑)





肩こり・腰痛・骨盤矯正は痛みが少なく
患者様ひとりひとりに合わせた施述の「あん整骨院」へ
住所:〒578-0911 東大阪市中新開2-13-25
TEL:072-943-0311
お問い合わせはこちらからどうぞ クリック!>>
25歳男性会社員。

症状は強い頭痛と右肩の痺れ。

仕事はパソコン中心のデスクワーク。
まあ今はデスクワーク=パソコンですね。

プラス電車でスマホ、夜な夜なスマホ ・・・

その為、頚、肩に負担がかかりやすくなっています。
自分ではわかりずらいので職場、電車でほかの人の頸の角度を観察してみるのもいいでしょう。


近年の現代人はパソコン、携帯スマホ等で頸に大きな負担を与えてしまってます。

頭の重さは平均5〜6kg。これはボーリングの玉と同じ重さです。

ボーリングの玉に指を入れてまっすぐ上にした持ったら、安定して持つことができますよね。
これを少しでも傾けたらどうでしょうか?プルプルプル

耐えきれずもう片方に手で支えなければ落ちてしまいますよね。


パソコン、スマホで頭を下げてしまっている姿勢は同じことをしています。
知らず知らず頸後部にかなり大きな負担をかけてしまっているのです。


この男性は若くて屈強なスポーツマンですが
普段のこのような姿勢が原因で頸椎に歪みが生じて頭痛、肩の痺れが生じたのでした。


まだ若く年期が入ってなく、もともと基礎体力はある為、3回ほどの施術で頭痛、しびれ消失しました。


ただこの姿勢を注意しなければ再発します。


便利のなった分、日々の運動、メンテナンスは昔の人よりしなければいけませんね。





肩こり・腰痛・骨盤矯正は痛みが少なく
患者様ひとりひとりに合わせた施述の「あん整骨院」へ
住所:〒578-0911 東大阪市中新開2-13-25
TEL:072-943-0311
お問い合わせはこちらからどうぞ クリック!>>
40代女性自営業。

厚底サンダルを履いていた時に酔っぱらい、飲み屋出口の階段で足を踏み外して大転倒。

右足首の典型的な捻挫となりました。
腫れあがり痛みも強く、足を着くこともできないほど。

足首の捻挫は90パーセント以上内返しで発生します。
要は、外くるぶし下部に大きなストレスがかかりその周辺の靭帯を痛めてしまう。

でもこの女性は、珍しい外返し捻挫。内くるぶし下部に痛みが強く出ていたそうです。

足首の捻挫は炎症が治まってくると次第に軽減はしますが、常に荷重がかかる足首は一般的に時間がかかります。
しかも強いストレスを受けて足根骨がずれてしまうケースも多いです。
このずれを正しい位置に戻さないとずっと痛みが残ったり、痛みが消えてもまた同じところを捻挫してしまいます。

この女性患者さん、踵よりの土踏まずにずっと痛みが生じたまま半年以上経過していました。
右足首も土踏まずが左足に比べ落ち込んでおり明らかに足底アーチに問題あり。

右足根骨のアジャストの施術と土踏まずを持ち上げるイボイボ健康サンダルを仕事中も常に履いてもらうことに。
時間もかかりましたが、半年後には完治しました。

内返しの捻挫でも同じで、外くるぶし下部の足根骨がずれてしまっているケースが多いです。
当然同じところをまた捻挫しやすくなっており、また捻挫してさらに悪化の悪循環。

骨のアライメントがくるったままだとこのような症状が発生します。

身体も車(笑)も アライメントとても大事です。本来の機能を発揮できないしすぐに故障してしまうから。


身体全体のアライメントも整えるとよいことはおのずとわかりますよね〜








肩こり・腰痛・骨盤矯正は痛みが少なく
患者様ひとりひとりに合わせた施述の「あん整骨院」へ
住所:〒578-0911 東大阪市中新開2-13-25
TEL:072-943-0311
お問い合わせはこちらからどうぞ クリック!>>
あん整骨院旧ブログはこちら