東大阪市、吉田駅から徒歩5分のあん整骨院・アンカイロプラクティック。頭痛、寝違い、肩こり、腰痛、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛の施術なら当院まで。

〒578-0911 東大阪市中新開2-13-25
<近鉄けいはんな線 吉田駅徒歩5分>

営業時間
8:30~13:00 16:00~19:30
土曜日も19:30までOK
休診日
日・祝(水曜は往診のみ)
  • お問い合わせ・ご予約はこちら
    072-943-0311
  • お問い合わせ

Face bookもチェック

東大阪市のあん整骨院
営業時間
8:00 〜 13:00
16:00 〜 19:30
土曜日も19:30までOK
休診日
日・祝(水曜は往診のみ)

あん整骨院ブログ

足首が曲がったままの女傑

2016/5/13

40代女性自営業。

厚底サンダルを履いていた時に酔っぱらい、飲み屋出口の階段で足を踏み外して大転倒。

右足首の典型的な捻挫となりました。
腫れあがり痛みも強く、足を着くこともできないほど。

足首の捻挫は90パーセント以上内返しで発生します。
要は、外くるぶし下部に大きなストレスがかかりその周辺の靭帯を痛めてしまう。

でもこの女性は、珍しい外返し捻挫。内くるぶし下部に痛みが強く出ていたそうです。

足首の捻挫は炎症が治まってくると次第に軽減はしますが、常に荷重がかかる足首は一般的に時間がかかります。
しかも強いストレスを受けて足根骨がずれてしまうケースも多いです。
このずれを正しい位置に戻さないとずっと痛みが残ったり、痛みが消えてもまた同じところを捻挫してしまいます。

この女性患者さん、踵よりの土踏まずにずっと痛みが生じたまま半年以上経過していました。
右足首も土踏まずが左足に比べ落ち込んでおり明らかに足底アーチに問題あり。

右足根骨のアジャストの施術と土踏まずを持ち上げるイボイボ健康サンダルを仕事中も常に履いてもらうことに。
時間もかかりましたが、半年後には完治しました。

内返しの捻挫でも同じで、外くるぶし下部の足根骨がずれてしまっているケースが多いです。
当然同じところをまた捻挫しやすくなっており、また捻挫してさらに悪化の悪循環。

骨のアライメントがくるったままだとこのような症状が発生します。

身体も車(笑)も アライメントとても大事です。本来の機能を発揮できないしすぐに故障してしまうから。


身体全体のアライメントも整えるとよいことはおのずとわかりますよね〜








肩こり・腰痛・骨盤矯正は痛みが少なく
患者様ひとりひとりに合わせた施述の「あん整骨院」へ
住所:〒578-0911 東大阪市中新開2-13-25
TEL:072-943-0311
お問い合わせはこちらからどうぞ クリック!>>
一覧に戻る あん整骨院旧ブログはこちら